湘南モノレールに乗りました

湘南モノレールは大船と湘南江の島を結ぶモノレールです。この線は、大船から鎌倉を通って江の島に行く道路の上を通っています。道路はバス道路で江の島の停留所から大船まで一本で行くバス(京急バス)が通っています。

今日大船駅から乗りますと、大船駅では「湘南モノレール開業50周年記念入場券」が売ってましたので、買ってみました。そして、そこで開業して50年たったことを知ったのです。

湘南モノレール開業50周年記念入場券セット900円

入場券は1枚180円で、このセットを買った大船駅のほか、富士見町駅・湖南町駅・湘南深沢駅・西鎌倉駅の合計5つの駅で使えます。(記念入場券だから使わないけど・・)

湘南深沢駅で下車する

今日は湘南深沢駅で下車しました。深沢といえば、江島縁起に出てきた五頭龍が棲んでいた土地として有名です。言い伝えでは、深沢にある沼だか湖だかに棲んでいたのですが、今の深沢周辺にはそのようなところは見当たりません。

しかし、深沢という地名の通り、昔は深い沢だったのだろうと推測されますので、昔は沼みたいな水が溜まっているところがあったのでしょう。現在の深沢駅周辺はこんな感じの景色です。

今は駅前は広い空き地になっています。大船から来て、湘南深沢駅の前の駅あたりから(湘南町屋駅)、深沢駅に至る際、確かにモノレールは下っていました。そして片瀬山・目白山に向かっては上っていたので、やはりこの辺りはくぼ地のような、盆地のような感じの土地だったのでしょうか。

今でも下町っぽいいい感じの風情が残ってる周辺です。大船もそうですが、鎌倉の物価に比べてとってもリーズナブルで生活感あふれた町なのですが、ここ深沢もそんな感じがします。

湘南江の島駅で下車する

大船始発の湘南モノレールの終点は、湘南江の島駅です。この湘南江の島駅もリニューアルされたようで、とてもきれいな駅になっていました。

湘南江の島駅に着きました♪

江ノ島に行くには、

①江ノ電で鎌倉から乗って、江ノ電の江の島駅で降りる。

②小田急江ノ島線で藤沢から乗って、終点の片瀬江ノ島駅で降りる。

③湘南モノレールに大船から乗って、終点の湘南江の島駅で降りる。

の3つの方法がありますが、(バスは除きます)一番江の島に近い駅が小田急の片瀬江ノ島駅になります。次に、江ノ電の江の島駅。一番遠い駅が湘南モノレールの湘南江の島駅になります。歩くのがいやな人は、小田急の片瀬江ノ島で下車することをお勧めいたします。

さて、湘南モノレールの湘南江の島駅は5階建てになっていて、5階にプラットフォームがあるのですが、改札を出ますと、ルーフテラスがあって、片瀬の町を一望できます。江の島はといいますと、すばな通りにあるマンションが遮って見えないのが残念ですが。。。

ルーフテラスから眼下に江ノ電が見えます♪